不眠症の改善と対策TOP > 眠れない夜の対処法とは? > ハルシオンの依存と副作用とは?

ハルシオンの依存と副作用について

 

ハルシオンは依存や副作用があるといわれていますが、実際のところ、どうなのでしょうか?

睡眠薬ハルシオンは、言うまでもなくベンゾジアゼピン系に属する超短時間作用型の睡眠導入剤です。飲んですぐ眠くなるので、30分以内に布団に入らなければいけません。この即効性と効き目の強さという点では、アモバンと並び睡眠薬中、最高峰に位置します。

ただ、いくら睡眠薬に効果があるからといっても、ハルシオンの依存や副作用が気になるところです。結論から言うと、医師の指示通りにハルシオンを服用しているぶんには依存症や副作用のリスクは、あまりないでしょう。

ハルシオンの依存症や副作用が起きるのは、医師の指示を守らなかった場合。
たとえば規定よりも多めに飲んだときや、漫然と常用しているケースです。そのほか医師に内緒で、アルコールと一緒にハルシオンを服用すると、高い確率で副作用の危険性があります。

ハルシオンは、飲んですぐに眠くなるという「即効性」があります。
そのため、一度「味を占めてしまう」と、ちょっとした不眠のときでも、すぐ頼ろうとする意識が働きます。これがハルシオンの依存症の始まりです。

短時間作用型の睡眠薬であるレンドルミン、エバミール、ロラメット、リスミー、デパスなどは、即効性があるわけではないので、ハルシオンほどの依存性はないといえます。効果が弱いマイスリーでも同様です。

中間時間作用型のエリミン、ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、ロヒプノール、サイレース、ドラールといった中間時間から長時間にわたる作用を持つ睡眠薬に至っては、それほど依存症はないでしょう。

医師の指示に従って睡眠薬を服用している限りは、ハルシオンの依存はないはずです。最近では、インターネット上で「ハルシオン売ります」とか「ハルシオン買います」といった違法行為が行なわれているようです。こういったところでハルシオンを入手すると、必然的に服用量がオーバーしてしまい、ハルシオンの依存症と共に、重大な副作用が現れます。

いったんハルシオンの依存に陥ると、無理に止めようとしたときに反跳性不眠(薬剤離脱性不眠)が生じます。これは最初の不眠の状態よりも、さらにひどい不眠症の症状です。さらに頭痛や倦怠感などの退薬症状も現れます。そうなるとハルシオンを止めるわけにもいかず、ハルシオンの依存症の深みに、ますますはまっていくのです。

ハルシオンの依存から、さらにひどい不眠に陥ることを、一般に薬物依存性睡眠障害といいます。日本人では概日リズム睡眠障害や精神生理性不眠、睡眠時無呼吸症候群とならんで、割合の多い不眠症状となります。

ハルシオンの副作用とは?

ハルシオンは依存も問題ですが、副作用はとても危険な症状が現れます。
まず軽度の症状としては、ハルシオンを服用してから寝るまでのことを覚えていないことがあります。これは指示通りの服用量でも出現することがあるので、飲んだらすぐに布団に入る必要があります。

これは、まだハルシオンの副作用といえないかもしれません。
もっと怖いのは、夜中に目を覚まして、夢遊病の症状が出ることです。とくに量を多めに飲んだり、アルコールと一緒に飲んで作用が強まった場合に発生しやすくなります。

夜中に起き出して、料理を始めて、夜食を食べだしたりします。
そのほかドライブに出かけて、交通事故を起こす例もあるようです。友達に電話を掛けて、普通におしゃべりすることもあるようです。しかし、本人には意識がなく、覚えてもいないのです。これがハルシオンの依存と副作用の危険な点です。

ハルシオンは即効があり強力な睡眠薬であるぶん、依存性が生じやすいわけです。いったん依存が生じてしまうと、たとえハルシオンの副作用があっても、やめられなくなります。前述したように反跳性不眠といって、離脱症状(禁断症状)が現れるからです。

ハルシオンで依存を起こさないためには、医師の指示通りの服用を守ることです。そして一気に服用をやめるのではなく、頓服に変えていくなど、”徐々に”量を減らしていく対応が不可欠になります。

こうしたハルシオンの依存性や副作用から考えると、はじめから睡眠薬を使わない不眠症の改善方法のほうが安全です。睡眠薬を飲まないで、不眠症を治すことは可能です。

睡眠薬が要らない不眠症の改善方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら