不眠症の改善と対策TOP > 眠れない夜の対処法とは? > 不眠の治療薬の効果と副作用とは?

不眠の治療薬の効果と副作用

 

不眠の治療薬とは、いわゆる睡眠薬といわれるものですが、より幅広い意味を持ちます。

睡眠薬と言った場合、心療内科や精神科で処方される不眠の薬を指しています。
これは、医師が処方しないと服用することができない部類の薬です。最近では、インターネット上で「睡眠薬売ります」とかいって、不法に売買しているようですが・・・。

不眠の治療薬といった場合、こういった睡眠薬(ハルシオンなど)のほかに、薬局(ドラッグストア)で販売されている睡眠改善薬も含みます。グッスミンやドリエルなどですね。そのほか自律神経から整える漢方薬もあります。

不眠の治療薬には、海外ではれっきとした医薬品であるハーブもあります。
セントジョーンズワートやバレリアンですね。バレリアンは、ハルシオンやアモバン、マイスリーなどのベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤と比べて、副作用が全くない安全な成分だといわれています。その代わり、効果は弱くなります。

さて不眠の治療薬としては、まずは市販の睡眠薬や漢方薬、ハーブを試してから、本格的な眠り薬を飲むという順序がよいと思います。

不眠の治療薬の特徴と副作用

現在の睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)は、かつてのバルビツール酸系と比べれば、たしかに安全性は増しています。しかし漫然と服用していると依存性が生じます。とくに短時間作用型の睡眠薬の場合、依存性が生じたり量を増やした状態で、急に服用をやめると、反跳性不眠という睡眠薬の副作用が生じます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、脳内のGABAというところに作用して、気分をリラックスさせる不眠の治療薬です。昔のバルビタール系の薬剤は、脳幹という生命維持装置に直接作用していたので、服用量をオーバーすると命の危険があったのです。そのため、自殺目的で睡眠薬が使われたりしていました。

しかし、それに比べれば現在の不眠症の治療薬は、安全といえます。
これは睡眠薬の副作用がまったくない、ということではありません。前述したように、漫然と睡眠薬を常用していると、薬物依存性睡眠障害に陥ります。そうなると、無理に止めようとした場合に禁断(離脱)症状が起きるのです。

不眠の治療薬の効果とリスク

不眠の治療薬の副作用やリスクは、依存症や禁断症状のほかには以下のようなものがあります。

  • 一過性前向性健忘
  • 夢遊病の症状
  • 持ち越し効果
  • 不安感

作用が短時間のタイプ

不眠の治療薬には、すぐ効果が現れて、効き目がすぐ切れるものがあります。
これを超短時間作用型の睡眠薬といいます。ハルシオンやアモバン、マイスリーがよく使われます。ハルシオンがもっとも効き目がありますが、睡眠薬の副作用が伴います。アモバンやマイスリーは非ベンゾジアゼピン系といいますが、いちおうベンゾジアゼピン受容体作動薬に属しています。

アモバンは、ほぼハルシオンと同等の効果があり、口が苦くなります。
マイスリーは副作用が抑えられており、筋弛緩作用が弱いので、翌朝のふらつきは少なくなります。マイスリーは日本で一番売れている睡眠薬です。

これらの不眠の治療薬は、効き目が早いので、すぐに布団に入らないと30分以内に眠り込んでしまいます。服用から寝るまでの記憶がなくなる「一過性前向性健忘」が現れることがあるので、要注意です。

こうした超短時間作用型の不眠の治療薬で怖いのは、夜中の中途覚醒です。
起きた後のことを覚えていないという副作用が生じる可能性があるのです。夢遊病のようになって、ものを食べたり、ドライブに出かける例があるようです。あるいは友達に電話を掛けて、おしゃべりをするというのです。本人には意識はなく、記憶にもありません。

医師からは、こういった睡眠薬のリスク説明が伝えられないケースもあるので、気をつけましょう。心ある医師は、こういったハルシオンやアモバンの危険性を熟知しているので、けっして患者さんに処方しない方針を採っているようです。

そのかわり、睡眠薬のマイスリーやレンドルミン、リスミーを処方したりします。これらの不眠の治療薬は、ハルシオンのような副作用は少ないといわれています。ただし裏をかえせば、人によっては全然眠くならない(効かない)ということになります。このへんは、睡眠薬処方のむずかしいところです。

作用が長めのタイプ

作用が中間時間のエリミン、ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、ロヒプノール、サイレース、ドラールといった不眠の治療薬は、中途覚醒や早朝覚醒の不眠症の改善に用いられます。

このタイプは、血液中に翌日まで薬剤が残ることが多いので、翌朝のふらつきやめまい、残眠感、倦怠感などの睡眠薬の副作用を伴うことがあります。翌朝に出勤や通学をしなければならない人は、辛いところです。眠気から事故を起こさないように注意する必要があります。

ただ翌日に持ち越し効果があるといことは、日中の不安を抑えられるということでもあります。そのため作用時間が長い眠り薬は、うつ病や統合失調症(かつての精神分裂病)の患者さんに、よく処方されます。

作用が長めの不眠の治療薬は、大学生とか主婦とか、時間に余裕のある人が用いるべきではないでしょうか?マイカー通勤をしていたり、工場で機械の操作をする必要がある人は、服用を控えるか、別の作用時間の睡眠薬に換えてもらったほうがよさそうです。

睡眠薬が要らない不眠症の改善方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら