不眠症の改善と対策

 

不眠症の改善と対策では、夜になかなか寝付けないとか、夜中に目覚める、早朝に目覚めてしまうといった不眠症の解決のヒントになるようなポイントを解説しています。

夜になっても眠れないということは、本当に辛いことです。
今や日本人の5人に1人が、何らかの睡眠障害で悩んでいるといわれています。夜寝付けないだけではなく、夜中に目覚める、早朝に目覚める、熟睡感がないという症状もすべて、不眠症の仲間です。現代人は不眠症の改善方法を求めているのです。

不眠症の改善法というと、たいていの人は精神科や心療内科などの病院を思い浮かべます。こういったメンタルクリニックを受診して、睡眠薬を処方してもらうわけですね。寝付けない悩みには、超短時間作用型のハルシオン、アモバン、マイスリーが適しています。

最近は、インターネット上でハルシオンが販売されていたりします。
もちろん、これは違法なことです。そのほかの睡眠薬も「売ります」とか「買います」という情報を見かけます。しかし、医師の指示なしに、自分勝手に眠り薬をたくさん飲んでも、依存症になるだけであり、副作用の嵐が待っているだけです。

とくに睡眠薬のハルシオンを、長期に渡って不眠症の改善薬として利用していると、依存性がついてきます。それだけではなく、夜中に中途覚醒した後のことを覚えていないという、夢遊病の症状が現れます。夜中に車の運転をしたり、ものを食べたり、電話をかけたりするのです。もちろん本人は覚えていません。

中間時間や長時間作用型の眠る薬に関しても、睡眠薬の副作用はあります。
とくに高齢者や内臓に疾患がある人は、不眠症の改善に薬を使用する場合は要注意です。肝臓や腎臓が弱っていると、体に薬剤が長く残り、翌朝のふらつきや残眠感、倦怠感、吐き気、めまいなどの副作用が起こることがあります。

まずは、睡眠薬を使わない不眠治療から

不眠症の改善と対策で、もっとも安全な方法は、もちろん睡眠の治療薬を使わない方法です。現在、不眠という人は、こちらから試してみてはどうでしょうか?
1ヶ月を目安に頑張ってみて、それでも不眠が改善しなければ、精神神経科などの病院に行けばよいのです。

太陽の光に良く当たる、生活のリズムを一定にする、昼寝を活用する、夕食の時間を寝る時間から離す、寝る前は照明を暗くして、リラックスする・・・などなど。精神病院に行かなくても、自分だけで出来ることはいくらでもあるはずです。

そのほか快眠テクニックとして、あえて睡眠時間を短縮してみる、あえて昼寝をしない、グリシンやアルギニン、トリプトファンなどのアミノ酸サプリメントを利用する、自己暗示や自律訓練法を睡眠儀式にするなどの方法もあります。

じつは睡眠薬を使わないで、その日から眠れるようになる不眠症改善の方法があります。この方法では、副作用やリスクは一切ないそうです。

 

睡眠薬が要らない不眠症の改善方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら